VR/AR

AR事例:作業時間を9割削減!土量測量アプリの「AR版」が登場

これまでは、地形と土量を測量する時に、計測者は機器を操作する側とプリズムを持つ側の2人が必要だったが、AR版では、1人の計測者が画面上で地形の変化点ごとに仮想ポールを立てながら歩くだけで、ポール同士が線で結ばれ、断面図が作成され省人化/省力化できるそうです。

自動算出のため、測量から土量算出までに要する時間は、従来方法と比べて90%以上の短縮が見込め、計測精度では、高性能レーザースキャナーとの比較実験で、誤差3~5%にとどまることも確認されているそうです。

ARを活用した素晴らしい技術ですね。

https://built.itmedia.co.jp/bt/articles/1910/18/news043.html

関連記事

  1. サイズの異なる5枚のアイキャッチ(最大3スライド)がスライドする…
  2. カスタマイズ不要!テーマオプションやウィジェット設定、投稿のみで…
  3. サイトのメインカラー・サブカラーを自由に設定可能

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

本当に2024年に小学校は一人一台のパソコン・タブレットは普及するの!?

政府主導で全国の学校に一人一台のパソコンおよびタブレット導入方針文科省は14~17年度も4カ…

ピックアップ記事

おすすめ記事

本当に2024年に小学校は一人一台のパソコン・タブレットは普及するの!?

政府主導で全国の学校に一人一台のパソコンおよびタブレット導入方針文科省は14~17年度も4カ…

おすすめ記事

  1. 本当に2024年に小学校は一人一台のパソコン・タブレットは普及するの!?
  2. 自殺大国・日本。どうして若者の自殺率は先進国でトップなの?
  3. AR事例:作業時間を9割削減!土量測量アプリの「AR版」が登場

ランキング

PAGE TOP